大阪金概況:小幅に下落、底堅い米長期金利映すも大型連休中のリスクも意識

配信元:フィスコ
投稿:2021/04/30 16:05
大阪取引所金標準先物 22年4月限・日中取引終値:6186円(前日日中取引終値↓8円)

・推移レンジ:高値6207円-安値6178円

30日の大阪取引所金標準先物(期先:22年4月限)は下落した。昨日の海外市場で上昇した米長期金利がその後も底堅い動きとなり、金利のつかない資産である金の魅力低下が意識され、金先物は売りが優勢だった。ただ、今日の東京株式市場で日経平均が下落幅を拡大したことに加え、明日からの大型連休中のコロナ感染拡大や海外市場の変動などのリスクも意識され、安全資産とされる金の需要は継続し、今日の金先物は下値が堅い展開となった。

<FA>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.5 41.5
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介