三菱UFJなどメガバンクは買い優勢、米10年債利回りは1.6%台前半まで低下◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/04/09 09:04
三菱UFJなどメガバンクは買い優勢、米10年債利回りは1.6%台前半まで低下◇  三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクは買い優勢。足もと米長期金利が低下傾向にあり、前日の米10年債利回りは終値ベースで1.63%台まで低下しており、これを受け米国株市場では主要株3指数は上昇したものの大手金融セクターは高安まちまちの展開となった。東京市場でも米国事業を展開するメガバンクは運用環境の改善期待が後退し株価にはマイナス材料となっている。ただ、今週は既に調整色を強めていたことから目先値ごろ感も生じている。三菱UFJの配当利回りは前日終値換算で約4.3%まで上昇しており、中長期スタンスでのキャピタルゲイン狙いの買いも誘導しやすい。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
582.6
(04/09)
+0.6
(+0.10%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

73.1 26.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介