「LNG」が16位にランク、経産省はアジアでの導入支援へ<注目テーマ>

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/02/25 12:20
「LNG」が16位にランク、経産省はアジアでの導入支援へ<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 アンモニア
3 仮想通貨
4 旅行
5 再生可能エネルギー
6 デジタルトランスフォーメーション
7 2020年のIPO
8 電気自動車関連
9 人工知能
10 グローバルニッチ

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「LNG」が16位となっている。

 経済産業省は19日に開いた総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の小委員会で、アジア各国に対して液化天然ガス(LNG)発電などの導入を支援していく方針を示した。資料によれば、電力需要が急拡大するアジア太平洋地域では、再生可能エネルギーへのシフトが急ピッチで進んでいるものの、今後も化石燃料が供給を支える重要な電源になると予想。特に、いまだ電力アクセスが低く、安価な電気を要する東南アジアでは、石炭や天然ガスの比率は変わらないと指摘している。

 経産省は脱炭素に向けて「アジアの現実的なエネルギー移行支援」を掲げ、石炭火力から二酸化炭素(CO2)排出量の少ないLNG火力への移行を後押しする考え。アジア7カ国(インド、インドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシア、タイ、ミャンマー)が既存の石炭火力発電所をすべてLNG火力発電所に切り替えた場合、CO2排出量は年間で約8億6400万トン(日本の温室効果ガスの年間排出量約71%に相当)削減でき、LNG追加需要は年間1億6600万トン(日本の年間LNG輸入量の2倍以上に相当)になると試算されている。

 こうしたなか、日揮ホールディングス<1963.T>や東洋エンジニアリング<6330.T>、千代田化工建設<6366.T>といったエンジニアリング企業、伊藤忠商事<8001.T>、三井物産<8031.T>、三菱商事<8058.T>などの商社のほか、出光興産<5019.T>、ENEOSホールディングス<5020.T>、関西電力<9503.T>、東京ガス<9531.T>などのビジネス機会が一段と広がりそうだ。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,281.0
(14:47)
+34.0
(+2.73%)
2,700.0
(14:48)
+83.0
(+3.17%)
487.0
(14:48)
+15.8
(+3.35%)
717.0
(14:48)
+17.0
(+2.43%)
516.0
(14:48)
+8.0
(+1.57%)
3,496.0
(14:48)
+88.0
(+2.58%)
2,456.0
(14:48)
+152.5
(+6.62%)
3,153.0
(14:48)
+133.0
(+4.40%)
1,101.0
(14:48)
+19.0
(+1.76%)
2,294.0
(14:48)
+81.0
(+3.66%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.9 27.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介