三井物産のTOP

三井物の参考指標

始値1,780.0円
高値1,787.0円
安値1,769.0円
配当利回り4.49%
単元株数100株
PER(調整後)7.48倍
PSR0.44倍
PBR0.72倍
出来高4,178,100株
時価総額3,096,751百万円
発行済株数1,742,684千株
株主優待 ---
購入金額 最安---
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは2019年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
1,950 円
現在株価との差

+173.0 

理論株価

(10/17)

2,072 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
2 4 3 0 0
  • ニュース

    ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比30円高の22520円

    ADRの日本株はソニー、三井住友、イオンが小じっかり。半面、トヨタ、ファーストリテ、任天堂、SUBARUが冴えないなど、対東証比較(1ドル108.73円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の22520円。米国株式相場は下落。ダウ平均は22.82ドル安の27001.98、ナスダックは24.52ポイント安の8124.18で取引を終了した。9月小売売上高が予想外の減少となり、 ...続きを読む
  • ニュース

    ADR日本株ランキング~トヨタなど全般しっかり、シカゴは大阪比195円高の21995円

    ADRの日本株はファーストリテが冴えない他は、トヨタ、ソフトバンクG、ファナック、任天堂、三井住友、資生堂、HOYA、エーザイ、TDK、LINE、日東電など、対東証比較(1ドル108.4円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円高の21675円。米国株式相場は下落。ダウ平均は29.23ドル安の26787.36、ナスダックは8.39ポイント安の8048.65で取引を終了した。 ...続きを読む
  • ニュース

    信用残ランキング【買い残増加】 マネックスG、みずほFG、日エンター

     ●信用買い残増加ランキング【ベスト50】   ※10月4日信用買い残の9月27日信用買い残に対する増加ランキング。   (株式分割などがある場合は換算して算出)     ―― 東証1部:2152銘柄 ――                   (単位は千株)       銘柄名      前週比   買い残 信用倍率 1. マネックスG    5,654   16,573   2.65 2. ...続きを読む
  • ニュース

    信用残ランキング【売り残減少】 三菱UFJ、みずほFG、丸紅

     ●信用売り残減少ランキング【ベスト50】   ※10月4日信用売り残の9月27日信用売り残に対する減少ランキング。   (株式分割などがある場合は換算して算出)     ―― 東証1部:2152銘柄 ――                   (単位は千株)       銘柄名      前週比   売り残 信用倍率 1. 三菱UFJ     -9,428   17,248   2.27 2. ...続きを読む
  • ニュース

    【M&A速報:2019/10/11(1)】東京センチュリー、アドバンテッジパートナーズの親会社APHKに14.9%出資

    ■東京センチュリー、アドバンテッジパートナーズの親会社APHKに14.9%出資■セブン&アイ・ホールディングス、グループ戦略と事業構造改革について発表■日本化薬、子会社ポラテクノへのTOBが成立■ユニゾHD、エリオットアドバイザーズ(香港)リミテッドからの質問書に対する見解を公表■ユニゾHD、米ブラックストーンや国内投資ファンドからの買収提案を拒否■レスキュー損害保険、ジャパン少額短期保険を買収■ ...続きを読む
  • ニュース

    ADR日本株ランキング~トヨタなど全般しっかり、シカゴは大阪比155円高の21675円

    ADRの日本株はファナック、ファーストリテが冴えない他は、トヨタ、ファナック、ソニー、任天堂、HOYA、資生堂、富士通、TDKなど、対東証比較(1ドル107.96円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円高の21675円。米国株式相場は上昇。ダウ平均は150.66ドル高の26496.67、ナスダックは47.04ポイント高の7950.78で取引を終了した。米国と中国が通商協議 ...続きを読む
  • ニュース

    前場に注目すべき3つのポイント~決算控えた安川電機や旭化成などノーベル賞関連に関心集まる

    10日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:決算控えた安川電機や旭化成などノーベル賞関連に関心集まる■前場の注目材料:ローソン、2Q営業利益6.6%増の367億円、直近上方修正で織り込み済み■三井物、UNIDOと覚書、アフリカで環境配慮包装材を普及■決算控えた安川電機や旭化成などノーベル賞関連に関心集まる10日の日本株市場は、米中の閣僚級協議への期待を背景とした米株高の流れ ...続きを読む
  • ニュース

    ADR日本株ランキング~トヨタなど全般しっかり、シカゴは大阪比130円高の21570円

    ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、任天堂、資生堂、HOYA、旭化成、TDK、オムロンなど、対東証比較(1ドル107.47円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の21570円。米国株式相場は上昇。ダウ平均は181.97ドル高の26346.01、ナスダックは79.96ポイント高の7903.74で取引を終了した。中国が米農産物の購入拡大を提 ...続きを読む
  • ニュース

    前場に注目すべき3つのポイント~日経平均は75日線レベルでの底堅さを見極め

    9日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:日経平均は75日線レベルでの底堅さを見極め■前場の注目材料:AGC、19/12期下方修正、純利益410億円←640億円■資生堂、米化粧品会社を900億円で買収、12月に完了予定■日経平均は75日線レベルでの底堅さを見極め9日の日本株市場は、米株安の流れを受けてギャップスタートとなろう。8日の米国市場では、NYダウが313ドル安と大幅 ...続きを読む
  • ニュース

    ADR日本株ランキング~トヨタなど全般軟調、シカゴは大阪比285円安の21335円

    ADRの日本株はトヨタ、ファナック、ソフトバンクG、ソニー、ファーストリテ、任天堂、デンソー、資生堂、HOYA、富士フイルム、富士通、オムロンなど、対東証比較(1ドル107.05円換算)で全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比285円安の21335円。米国株式相場は下落。ダウ平均は313.98ドル安の26164.04、ナスダックは132.52ポイント安の7823.78で取引を終了した。トラン ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

22,451.86

-21.05

TOPIX

1,624.16

-7.34

JASDAQ

157.07

+1.03

米ドル/円

108.64

-0.12

ユーロ/円

120.85

+0.43

WTI原油

53.36

+0.55

NY金

1,494.0

+10.50

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介