米外為市場サマリー:米中協議の懸念後退で一時108円90銭台に上昇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/12/05 08:24
米外為市場サマリー:米中協議の懸念後退で一時108円90銭台に上昇  4日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=108円86銭前後と前日に比べ20銭強のドル高・円安。ユーロは、1ユーロ=120円60銭前後と同20銭強のユーロ高・円安だった。

 米ブルームバーグ通信が4日に米中貿易協議について「第1段階の合意に盛り込む関税撤廃の規模で両国が合意に近づいている」と報じ、米中協議を巡る懸念が和らいだ。この日に発表された米11月ADP雇用統計や米11月ISM非製造業景況感指数は市場予想を下回ったが、トランプ米大統領が「米中協議は極めて順調」と述べたこともあり、一時108円90銭台をつける場面があった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1078ドル前後と前日に比べて同0.0004ドル程度のユーロ安・ドル高だった。


出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.4 22.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介