続落、ドル高から売り優勢も下げ幅を縮小=NY金概況

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/11/09 06:07
NY金先物12 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1462.90(-3.50 -0.24%)

金12月限は小幅続落。時間外取引では、前日7日の大幅安でテクニカル要因の悪化、ドル堅調から売り優勢となり、1,460ドル割れまで売り込まれた。日中取引では、ドル高地合いは引き継がれたが、トランプ米大統領が「米国は中国と関税撤廃で合意していない」と発言したことから、下げ幅を縮小の動きとなった。しかし1,470ドルが抵抗線となり、戻りは抑えられた。

MINKABU PRESS

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.6 20.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介