マザーズ先物概況:小幅続落、個別物色に留まる展開

投稿:2019/08/16 16:31
16日のマザーズ先物は前日比4.0pt安の846.0ptと続落した。高値は855.0pt、安値は846.0pt、取引高は948枚。本日のマザーズ先物は、前日の米国市場の戻りが鈍かったことや、新規の手掛かり材料にも乏しいことから、様子見ムードが強く、続落で終わった。前場寄り付きは、前述した米株の戻りが鈍かったことに加えて、為替がやや円高に振れていたこともあり、東証一部の大型株などが売りで始まる一方、値動きが軽く、材料物色されやすいマザーズ先物の方は買いからスタートした。しかし、その後は、次第に東証一部へと関心が向かうなか、これに反する形でマザーズ先物の方は次第に売りが優勢な展開に変わっていった。結局、前日比で4.0pt安の846.0ptと続落して終わった。指数インパクトの大きいところでは、そーせい<4565>やUUUM<3990>が大きく下げ、また、メルカリ<4385>も軟調であった。その他、材料のあった銘柄では、自社株買いなどの実施を発表したLib Work<1431>や、インドの出資先が展開するコンビニエンスストア2号店が16日にプレオープンするとの発表が好感されたインパクトHD<6067>などが、それぞれ10%を大幅に上回る上昇をみせた。 <FA>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,070.0
(09/17)
-101.0
(-4.65%)
5,010.0
(09/17)
-30.0
(-0.60%)
2,707.0
(09/17)
+4.0
(+0.15%)
2,213.0
(09/17)
-13.0
(-0.58%)
1,532.0
(09/17)
-400.0
(-20.70%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.1 31.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介