NY債券:強含み、シカゴ連銀総裁は50bpの利下げを予想

投稿:2019/07/13 09:42

12日の米国長期債相場は強含み。米国の6月生産者物価指数(PPI)が予想を上回ったものの、エバンス・シカゴ連銀総裁のハト派発言で7月の利下げ観測が再燃した。米労働省が発表した6月生産者物価指数(PPI)は前月比+0.1%と低下予想に反して5月と同水準を維持した。前年比では+1.7%と、5月の+1.8%から低下したものの予想の+1.6%を上回った。また、変動の激しい食品、エネルギーを除いたコアPPIは前月比+0.3%と、予想外に上昇。前年比では+2.3%と、低下予想に反し、5月と同水準を維持した。また、エバンス・シカゴ連銀総裁は「年末までに50ベーシスポイントの利下げを予想」などと述べた。

2年債利回りは1.85%(前日比:-1bp)、10年債利回りは2.12%(同比:-2bp)、30年債利回りは2.65%(同比:-1bp)で取引を終えた。

<TN>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

84.7 15.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介