東京株式(寄り付き)=反発、米中会談の結果を好感し大きく買い優勢

投稿:2019/07/01 09:04
東京株式(寄り付き)=反発、米中会談の結果を好感し大きく買い優勢  名実ともに7月相場入りとなった1日の東京株式市場は大きく買い優勢でスタート、寄り付きの日経平均株価は前営業日比290円高の2万1566円と急反発。

 G20大阪サミットと合わせて行われた米中首脳会談の結果が相場を強気に傾けている。トランプ米大統領は貿易協議再開と米国による対中追加関税の見送りを表明、またファーウェイとの取引禁止措置についても緩和する方針を示しており、リスク選好ムードが強い。電撃的に行われた米朝首脳会談もポジティブサプライズとなった形だ。外国為替市場では1ドル=108円台40銭台まで円安が進んでおり、これも主力輸出株中心に追い風材料となっている。

 寄り付き時点で業種別では33業種全面高で、値上がり上位に海運、証券、ガラス土石、金属製品、石油など。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
21,469.18
(07/17)
-66.06
(-0.31%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.9 20.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介