RPAがカイ気配スタートで6連騰、東証1部市場変更で物色人気が加速

投稿:2019/03/22 09:06
RPAがカイ気配スタートで6連騰、東証1部市場変更で物色人気が加速  RPAホールディングス<6572.T>が大口の投資資金流入でカイ気配スタート、6連騰と気を吐いている。東証が同社株を27日付でマザーズ市場から東証1部に市場変更することを発表、これが大きく好感された。東証1部に市場変更となればTOPIX連動型ファンドの買いなどが見込まれ、株高を助長する可能性がある。人工知能(AI)がホワイトカラー業務の代行を行うRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の市場拡大に合わせ、同社の業績は絶好調に推移しており、19年2月期営業利益は前期比倍増の9億4500万円を見込んでいる。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
5,370.0
(04/19)
+190.0
(+3.67%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.2 12.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介