CANBASが急反発、基礎研究の成果がAACR年次総会でポスター発表

投稿:2019/01/29 10:23
CANBASが急反発、基礎研究の成果がAACR年次総会でポスター発表  キャンバス<4575.T>が急反発している。28日の取引終了後、同社の研究開発部による基礎研究の成果が、3月29日から4月3日まで米国ジョージア州アトランタで開催される米国がん研究会議(AACR)年次会議で、ポスター発表されることになったと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 今回ポスター発表される研究は、頻度の多い体細胞変異(後天的な突然変異)2種類の組合せを統計的手法や独自の計算方法によって処理したパターンが、化学療法や免疫系抗がん剤の臨床効果を反映することを見出したもの。免疫系抗がん剤や化学療法の効果を予測する新たな方法の開発に向けた知見であり、効果の見られる確率の低い免疫チェックポイント抗体や、副作用が嫌われる化学療法剤にとって、その効果を予測できることは新薬を開発するのに匹敵する価値があるとしている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
733.0
(14:41)
-14.0
(-1.87%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

90.8 9.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介