注目2銘柄(2018.12.14)

チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄をピックアップします。
 

朝日インテック <7747> 【 2+→2+】

「1Qは特需もあるが強含みの推移。株価の見方は従来通り」

 19/6期1Q(7-9月)業績は、売上137億円(前年同期比9%増)、営業利益47億円(同12%増)。直販化に関わる営業費用増や買収に伴う費用発生はあったものの、海外を中心に実需要が底堅く推移したことに加えて特需も寄与し、生産稼働率が高まり、粗利率は顕著に上昇した。米国でのPTCAガイドワイヤーの直接販売も順調に立ち上がっている模様で、1Qは総じて良好な決算内容とTIWでは捉えている。

予想ROE:20.6% PBR:13.2倍、来期予想PER:49.0倍、来期予想EPS成長率:25%株価(12/14終値):5,070円 
Fモデルによる理論株価:1,574円(12月10日by服部隆生)
 

大阪ソーダ <4046> 【 2+→1】

「高採算のシリカゲルが戻ってきた」

 19/3期2Qは売上高526億円(前年同期比9.8%増)、営業利益43億円(同25.0%増)、経常利益49億円(同28.8%増)、純利益33億円(同34.5%増)、と増収増益過去最高で着地した。好決算の要因は引続き基礎化学品の価格是正である。基礎化学品の好調は下期は継続するとみている。あわせて高採算のシリカゲルの回復が見込まれる。しかし、株価バリエーションが低くこの状況を株価は織り込んでいないと見ている。よって、業績予想と投資評価を上方修正する。

予想ROE:9.8% PBR:1.0倍、来期予想PER:10.2倍、来期予想EPS成長率:6%株価(12/14終値):2,642円 
Fモデルによる理論株価:3,742円(12月11日by山方秀之)
 
 
TIWではコンセンサス・データ等を利用して、独自に日経平均の今期予想ベース、来期予想ベースのROE、PBR、リスクプレミアム等を算出しております。(詳しくは、以下のサイトをご覧下さい)
〔 http://column.ifis.co.jp/category/market/tiw 〕
こうして算出したマーケット参考値と個別企業の株価指標を比較し、さらにアナリストの予想を加味して選択をしています。
※文中のROE、PBR、PER等の数値は、特に断りが無い限りは、レポート発行時に算出した値です。
 

このページのコンテンツは、TIWの協力により、転載いたしております。
配信元: みんかぶマガジン

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,798.0
(03/22)
-3.0
(-0.11%)
5,170.0
(03/22)
+70.0
(+1.37%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

53.2 46.8
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介