ジーンテクノが急反発、「抗RAMP2抗体」に関する国際特許を出願

投稿:2018/09/26 09:58
 バイオ後続品の開発を手掛けるジーンテクノサイエンス <4584> [東証M]が急反発。25日大引け後、新規メカニズムに基づく新生血管形成を阻害する新規抗体医薬品の候補抗体である「抗RAMP2抗体」に関する国際特許を出願したと発表したことが買い材料視された。

 同社は信州大学大学院医学系研究科との共同研究を通じ、Gタンパク質共役型受容体シグナルを標的とし、血管増殖性ペプチドのアドレノメデュリンによる新生血管形成を抑制する抗RAMP2抗体を作製することに成功した。同抗体は滲出型加齢黄斑変性症と呼ばれる眼疾患の治療効果やがん領域における抗腫瘍効果などが期待されている。

株探ニュース
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
692.0
(15:00)
+12.0
(+1.76%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.4 22.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介