東京為替:金融政策決定会合の結果判明前にドル・円は一時110円76銭まで下落

2018/07/31 13:23
31日午後の東京市場でドル・円は一時110円76銭と、111円を割り込んだ。通常正午すぎの日銀政策発表が遅れており、議論紛糾への思惑から警戒の円買いが観測される。また、日経平均株価や上海総合指数のマイナス圏推移で、株安を意識した円買いも。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円76銭から111円11銭、ユーロ・円は129円87銭から130円05銭、ユーロ・ドルは1.1704ドルから1.1711ドルで推移した。

<MK>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

73.1 26.9
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック