【4月16日~20日】日経平均株価テクニカル分析 米英仏、シリア攻撃。 今週のマーケットの値動を予想

2018/04/14 23:46

■金曜日深夜のアメリカの値動きは

src=/uploads/637695/normal/5c596f552.jpg


ダウ工業 24,360.14 -122.91

NASDAQ 7,106.65 -33.60


日経225先物の金曜日のナイトセッションは日中の終値-40円の21770円

■日経平均株価テクニカル分析


金曜日の日経平均株価は 21,778.74 +118.46 でした。

結局、1月からの3月までの下落の38.2%戻しの21792円を上に抜けるように何度もチャレンジしましたが終値で超えることはできませんでした。


そして日本時間14日、米英仏がシリアを攻撃したとのニュースが流れています。

この時間はアメリカも日本もマーケットが開いていない時間ですので、この攻撃が世界のマーケットにどのような影響があるのかは月曜日の寄付きでわかりますが、日本がアメリカよりも時間的に早くなります。

普通に考えれば地政学リスクとしてマイナスの反応となりそうです。

寄付きが安く始まったと仮定してドンドン売りを呼ぶのか?

寄り底となって戻るのか?

マーケットに殆ど影響がないのか?

月曜日のマーケットの反応を確認してからの運用となりそうです。


下値の目途は200日移動平均線の21400円。

この辺りまで売り込まれたら押し目買いが入りやすい水準です。

■今週の投資戦略は


様子見


■今週の日経平均株価及び日経225先物の予測


今週の上値の目途は

22000円

今週の下値の目途は

21400円

と考えています。



今福博文
デイボード株式投資顧問 代表
配信元: 達人の予想
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.6 22.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック