ニュース

東京株式(寄り付き)=反落、円高含みで主力株など利食い優勢

Ec09c1d2b
 週明け18日の東京株式市場は売り優勢で始まり、寄り付きの日経平均株価は前週末比44円安の2万74円と反落。

 前日の米国株市場ではNYダウが小幅ながら5日ぶりに反落、ナスダック指数は小幅ながら7日続伸となったが、いずれも上値が重くなっている。外国為替市場では足もと1ドル=112円台後半の推移で、円高含みでもみ合っておりこれも主力輸出株中心に積極的な買いを入れにくい背景となっている。ただ、下値では押し目買いニーズも強く、引き続き狭いレンジでのもみ合いが予想される。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、10業種前後が高く、値上がり上位に鉱業、海運、水産など。値下がりで目立つのは銀行、輸送用機器、保険など。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
配信元:minkabu PRESS