投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ74件目 / 全4908件次へ »
ブログ

米国株は下値不安後退で下値が切り上がる

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

3月29日 金曜日

米国株について
ダウ平均は91ドル高の25717ドル。
取引開始直後に100ドルを超える上げ幅となりますが、お昼頃には50ドル安。午後は引けにかけて右肩上がり。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.36%高(91ドル高)、ナスダックは0.34%高、S&P500指数は0.36%高。3指数揃って反発。

〇S&P500指数業種別動向
9業種が上昇、2業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、金融、資本財、不動産、一般消費財

下落率の高い順
公益、通信

〇ダウ構成銘柄の動向
26銘柄が上昇、 4銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ナイキ 1.14%高、JPモルガン・チェース 1.13%高、マクドナルド 1.00%高、キャタピラー 0.89%高、ユナイテッド・テクノロジーズ 0.77%高

下落率の高い順
ベライゾン 2.96%安、インテル 0.09%安、ウォルマート 0.08%安、コカ・コーラ 0.06%安

〇経済指標
・10-12月期GDP確定値は、前期比年率+2.2%になりました。
速報値の+2.6%から下方修正、市場予想も下回っています。

・2月の中古住宅販売成約指数は、前月比-1.0%になりました。
1月の+4.3%(改定値)から大幅に減少、市場予想も下回っています。

共に弱い数値で売り材料になったと考えています。
中古住宅指数は1月の大幅上昇による反動安とはいえ、大幅な減少は嫌気されたはず。お昼頃には50ドル安まで売られました。

〇米中貿易交渉で売買交錯
新たな進展を好感する買いが入るも、交渉期間の長期化が示されたことを嫌気する売りも出ました。

〇金融株の上昇が目立ちました
ダウ構成銘柄では、JPモルガン・チェース 1.13%高、ゴールドマンサックス 0.61%高、他にモルガンスタンレー 1.35%高、バンク・オブ・アメリカ 1.11%高、シティ・グループ 2.06%高、ウェルズ・ファーゴ 0.66%高。業種別では金融が上昇率2位でした。

〇底固さ
前日にも書いておりますが、多くの売りを吸収しているのと、50日移動平均線の下支えが「下値不安後退」につながっている印象。午後は右肩上がりになって高値圏まで戻しています。

〇やや強含み

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。