投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ80件目 / 全4915件次へ »
ブログ

日経平均は21000円割れを回避、様子見、資金のシフトなど

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/
4568
ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

3月29日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、172円高の21205円になりました。
米国株高とドル円相場の戻りを好感する買いが先行。その後は上値重くなりますが、売り込まれることもなく21200円付近での揉み合いに終始しました。マザーズは0.02%高の955で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆390億円、出来高は11億7475万株。
値上がり銘柄数は1199、値下がり銘柄数は857、変わらずは83銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
28業種が上昇、5業種が下落
上昇率の高い順
医薬品、食料品、海運、倉庫・運輸、情報通信

下落率の高い順
電気・ガス、石油・石炭、銀行、輸送用機器、不動産

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は157、値下がり銘柄数は68
上昇率の高い順
第一三共 15.91%高、協和発酵キリン 4.06%高、ダイキン工業 3.31%高、ニチレイ 3.29%高、日立造船 3.03%高

下落率の高い順
千代田化工建設 3.30%安、SUBARU 2.72%安、静岡銀行 1.75%安、関西電力 1.42%安、サイバーエージェント 1.42%安

〇米国株の上昇が買い材料
ダウ平均は0.36%高(91ドル高)、ナスダックは0.34%高、S&P500指数は0.36%高。3指数揃っての反発は買い材料。

〇医薬品が買われました
第一三共がストップ高。
開発中の抗がん剤を巡り、英アストラゼネカと提携すると発表。
同社は対価として最大69億ドルを受け取ることに。

第一三共のストップ高から連想買い、AIによる連動買いも入ったようで医薬品が上昇率トップになりました。

〇ドル円相場の戻りは少し買い材料
前日は、日本株の急落に伴い1ドル110円前半まで円高進行。その後、110円半ばから後半まで戻し、株買い材料に。
但し、電気機器が概ねしっかりしているのに対し、自動車は売られています。円安の恩恵を受け易い業種でも明暗分かれる展開になりました。

〇リスク回避の資金シフト


続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。