収益性
52
活発度
55
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ830件目 / 全1770件次へ »
ブログ

TPP ボッタクリ医療編

2005年の統計では、全破産件数208万件のうち、企業破産はわずか4万件に過ぎず、
残り204万件は個人破産、その原因の半数以上があまりに高額の医療費の負担だった。
(US Census Bureau 2006)

ごく普通の電気会社の技師として勤めていたホセも2005年に破産宣告をされた一人だ。

「原因は医療費です。2005年の初めに急性虫垂炎で入院して手術を受けました。
 たった1日入院しただけなのに、郵送されてきた請求書は12,000ドル。
 会社の保険ではとてもカバーしきれなくてクレジットカードで払っていくうちに、
 妻の出産と重なってあっという間に借金が膨れ上がったんです」

★盲腸手術入院時の都市別総医療ランキング(AIU DATA 2000)

  都市名        平均医療費    平均入院数
1 ニューヨーク    実費273万円     1日
2 ロサンゼルス    実費194万円     1日
3 サンフランシスコ  実費193万円     1日
4 ボストン       実費169万円     1日
5 香港         実費152万円     4日
6 ロンドン       実費114万円     5日

ホセの住むマンハッタン地区の医療費は特に同区外の2~3倍高く、
一般の初診料は150~300ドル、専門医を受診した場合には200~500ドル、
更に入院すると部屋代だけで一日薬2,000~3,000ドルかかる。

アメリカの国民一人当たりの平均医療費負担額は、
国民皆保険制度のある先進国と比較して約2.5倍高く、
2003年度のデータでは一人当たり年間5,635ドルになる。

民間の医療保険に加入してもカバーされる範囲はかなり限定的で、
いったん医者にかかると借金漬けになる例が多い。
*******************************
(以上、「ルポ貧困大国アメリカ」 堤未果著 岩波新書 700円+税

 第3章 一度の病気で貧困層に転落する人々 P65~67)


会社の給与明細から天引きされる労使折半の医療費部分、

この先10年まで上がると書いていないか?

 

今現在コマーシャルでやっている民間外資系の健康保険会社なども、
「一生保険料は上がりません」と謳ってはいるものの、そのうちどうなるかわかりやしまい。

こういう理屈で、この上にさらにTPPが解禁されると、
それに便乗した民間外資系の健康保険は、アメリカがドルを捨ててアメロにするときや、
同時に日本が破綻する時を見計らったように、保険料の爆上げをすることだろう。

今はただこの不況を利用して、激安で日本人を米系健康保険に引っ張り出し、
日本の生命保険会社がひとしきり潰れ切った後、
「非関税障壁」という、軍事力を盾にしたゴリ押しに負ければ、
保険料は爆上げされる可能性が強い。

オマケに、それら外資系保険会社は、なんだかんだイチャモンをつけて
いざという時になって保険料なんぞ、払いやしないのだ。

*************************************

「ひどいのは掛け金だけではありません。
 保険会社はあれこれ理由をつけて支払いを拒否してくるんです」
(同P68)

**************************************

 

病気に備えて、年間で収入の10%に当たろうかという民間保険費を、

家族のために払い続けてきたというのに、いざというときに保険屋がケチるのだ。

 

オマケに、大病などわずらうものなら、

その後にかかる労使折半な医療費の高騰を嫌がって、

雇用されていた会社から解雇されるというのだ。

 

こんなわけだから、米国の貧民層数は年々爆増するばかり。

 

いつぞやかNHKで放映された話では、

あるITエンジニアが高血圧になり、またインドでの外注も手伝ってリストラされ、

年収2,000万円を失い、家も手放し、離婚して、今は動かないキャンピングカーに住んでいる。

(路上や車で寝ると違法とされており、彼はもう逮捕されたかもしれない・・・)

 

学生のころバイトしていたマクドナルドの店長をしているが、

年収は300万円に行かないそうだ。

 

「医療と消費税」を日比谷へ聞きに行った時には、

堤未果氏もパネラーとして話をしてくれたが、

高額な医療費、払えないと逮捕される法律も、国民の知らないうちに成立したという。

 

TPPに参加を決定した時、

結局は米国の法律に従わないといけなくなるのではないか?

国際裁判なんぞに訴えたところで、その裁判所はロック笛の牙城になっているのだ。

 

だとしたら瞬時に、こうしたアメリカ型社会が環太平洋諸国へ広まることだろう。



 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。