収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
78
注目度
57

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ288件目 / 全1494件次へ »

AIIB(アジアインフラ投資銀行)とADB(アジア開発銀行)

 AIIBによる日本の国民益へのマイナス点はなんだろう。

 AIIBは日本の安全保障や利益を損なうだろうか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 安全保障に関してはAIIBが直接問題になることはない。


 アジア各国とも中国の軍事脅威は認識しているし、アジア各国が連携し、かつ米国とも連携しない限り、対中パワーバランスは保てないと分かってるので、AIIBで中国から金を引き出しても、中国の支配力浸透を容認したり中国と軍事連携するわけがない。


 そういうことが起きるのは米国の国力が落ちた時で、それは各個撃破でアジアが中国支配に入っていく終末への道。

 AIIBはむしろ、その流れを抑える方向でアジア各国に利用されるでしょう。


 一方、欧州に関してはどうか?

 欧州各国のAIIB参加は中国マネーにぶら下がって自国企業の仕事を増やすため。

 こちらも中国から金を引き出すことを狙っている。


 中国は欧州と日米を離間させるため、欧州にあめ玉をしゃぶらせるでしょう。

 しかし、これも中国マネーの浪費、欧州の国力増大につながるだけで、中国の支配力を強めることにはならない。

 欧州が中国と同盟し、日米と対峙する図式にはならず、軍事的には何の影響もない。


 欧州は米国にとって実害のないところで中国と連携するそぶりを見せ、中国からあめ玉を引き出したり、米欧の利害が対立するところで中国を取り込むのにAIIBを利用するだけで、欧州のAIIB参加は日米の安全保障には何の影響も及ぼさない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 経済的利益という点ではどうだろう?

 AIIBは日本経済にマイナスか?


 AIIBがあることで日本企業は締め出しを食うだろうか?

 否である。


 AIIBがあろうとなかろうと、中国マネーの援助資金に日本企業がかめない状況は変わらない。

 この点からはAIIBが問題なのでなく、中国マネー膨張が問題の根源


 で、中国マネーの膨張を引き起こしてる原因は、何十年も続く日銀の金融緩和抑制政策(景気抑制政策)と、それによる日本経済の空洞化(資金・技術・設備投資の中国シフト)


 日本が金融政策を正常化しなければ事態は悪い方向に進む


 異常な金融政策は財務官僚主導(黒田日銀もその路線踏襲中)

 一方、AIIBによりADB利権が阻害されるとわめくのも財務官僚(黒田総裁は元ADB)。

 財務官僚って、ほんとに馬鹿ですねえ  

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 金も出すが口も出す度合いは中国のほうが強い。
 そういう資金の受け入れが割りに合うと思う途上国が多ければ、AIIBは発展するでしょうがそうなるだろうか?


 一方、ADBも口を出すが、出す方向が違う。 環境など持続的経済発展を考えての口出し。

 また、ADBはアンタイドだろうが、AIIBは実質タイド案件だらけになるだろうから、この点からも受け入れ国のメリットは下がるかも。


 結局、中国側が自らの投資の費用対効果を下げねばAIIBは発展しない。 だからAIIB自体の実害は低く、問題の本質はやはり中国マネーの膨張。

 中国マネー膨張ならば費用対効果を下げても支配力浸透を図れるからです。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 国際社会は個人の人間関係と全く違い、仲間はその時々の利害関係で絶えず流動的。

 国際社会はほぼ常に利益、利害関係だけで動く

 そうなるのは外交は国民全体を背負ってるからであり、国民益を損なう外交では政治家は地位を失うからです。 

 そういう国際社会で利益軽視、信頼関係などという曖昧模糊なもので外交を行えば馬鹿を見るだけ、むしられていくだけ、豊かさと安全を損なっていくだけ。


 今回のAIIB騒動でも、日本では仲間外れになること、仲間が減ることを懸念する向きがあるが、国際社会における仲間などというものは、それが国民益につながらねば意味はない。
 実利につながる仲間でなけれな意味はない

 AIIBは日本にとってそういうグループか? 明らかに否。 日本不参加は正解。
 中国は欧州と日米を離間させるためAIIBで身銭を切って欧州にあめ玉をしゃぶらせるでしょうが、日本を苛烈に扱うはずだから。


 実利に応じて多様なグループを使い分ける、しかし、カラス外交になって周囲全てを敵に回してはいけない(基軸は日米同盟、先進国同盟)、、、そういう外交が必要

 安倍外交はその方向に進んでおり、日米離間外交、カラス外交、八方美人外交の民主党政権時代から大きく改善。 

登録日時:2015/04/05(11:42)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。