収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
78
注目度
57

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ895件目 / 全1494件次へ »

ユーロ圏:1月の景況感指数、89.2に上昇-予想上回る改善

3e38d13c4 

1月30日(ブルームバーグ):1月のユーロ圏景況感指数 はエコノミスト予想以上に上昇した。域内経済がリセッション(景気後退)から脱しつつある兆候が強まった。

 

  欧州連合(EU)の欧州委員会が30日発表した1月のユーロ圏景況感指数(速報値)は89.2と、先月の87.8(改定値)を上回り、昨年6月以来の高水準に達した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト30人の予想中央値 は88.2だった。

 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、経済活動は「極めて低い水準ながらも安定化しつつある」と指摘。ドイツ連邦銀行(中央銀行)は、昨年10-12月(第4四半期)に縮小した同国経済が1-3月(第1四半期)には持ち直すとの見通しを示した。ただ、フランスのサービス業の活動は1月に落ち込み、同国の今四半期のリセッション入りをエコノミストらは予想している。

 

 キャピタル・エコノミクスのシニアエコノミスト、ジェニファー・マキューン氏は「金融市場の改善による影響が企業景況感に幾らか出始めている」と指摘した上で、「このプロセスは極めて緩慢であり、ユーロ圏経済が本当に回復していると示唆するには時期尚早だ」と述べた。

 ユーロ圏域内総生産(GDP )は昨年7-9月(第3四半期)に前期比0.1%減少。4-6月は同0.2%減だった。ブルームバーグ調査によると、10-12月は0.4%縮小、1-3月は横ばいが見込まれている。EU統計局(ユーロスタット)は10-12月GDPを2月14日に公表する。

 

 欧州委によると、1月のユーロ圏製造業景況感指数はマイナス13.9と、前月のマイナス14.2(改定値)から改善。サービス業の指数はマイナス8.8と、12月のマイナス9.8から上昇。同時に発表された1月の消費者信頼感指数改定値はマイナス23.9だった。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/01/31(00:07)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。