jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ894件目 / 全1494件次へ »

★次期日銀総裁人事(金融政策、財政出動、為替介入のねじれ)

 次の日銀総裁が財務OBならば株価上昇はそれほどでないでしょう

 本気で金融緩和しないから。

 増税実施できる程度の金融緩和にとどめ、再増税(20%)を妨害しない程度に景気(税収)を抑制するはずです。

 その程度の金融緩和に留めつつ、がんがん財政出動をやるならば、景気回復でも政府債務は減らず、再増税を妨害しない(日経18Kでも、財政出動で政府債務を膨らませられるならば、財務官僚の許容範囲内となるかもです)。

 なおかつ、自民政治家やその支持者は利権のうまみ(=税金詐取)を得られる

 

 他の先進国に類を見ない不可解な経済政策たるアベノミクス、金融緩和+財政出動のアベノミクスは財務官僚と自民政治家の妥協の産物なのです(国民益をまじめに考えるならば、他の先進国同様、金融緩和+財政中立~緊縮(景気のためと称すばら撒きはしない)になるはずです。参照@★景気には公共事業よりクーポンを(財政政策@マクロ経済政策)

 

 だから、アベノミクスは最終的に国民益にはプラスにならない(民主きちがい政権ほどマイナスにはならないが、自民政権でもマイナスなことに変わりない)。

 このままでは、将来に大増税と長期停滞が控えている以上、今回の景気回復で誤魔化されてはいけません(参照@★各国経済成長率の比較から(日本経済の病根))。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 財務官僚の意向を知るには、財務OBの榊原、野口氏や、NHK出身(実は巧妙な官僚応援団)の池上彰氏の著作が参考になります。

 どの方も消費税20%に言及してます。

 

 池上氏など、今回の増税ではまだまだ足りないと断言している。

 政府の無駄使い(為替介入、公共事業、過剰福祉)や政府資産の多さにはほとんど触れず、社会保障(年金)を盾に、政府債務のことだけ言って、消費税20%が必要と書いている。 増税を早くしろ、先送りするな(?)、と熱く語ってます。

 ちなみに最近、財務省は政府資産の圧縮にやっきです(たぶん安売りで圧縮するはず)、、これも再増税への伏線と思う。

 

 さて、自民は、財務OBもしくはその意を受けた人物を次の日銀総裁に据える可能性大

 安倍さんも次の総裁は出身母体にこだわらない、とか、既に言い訳めいた発言をしてます。

 

 官僚丸投げ路線でイージーに利権をむさぼりたい、、、これが角栄以来の自民党の政治(?)方針だから、自民政権では利権のアメ玉をもらえる限り、官僚の良きに計らえ、となるのです。

 このことは、自民の掲げている政策や、自民政治家の発言を時系列的に追ってればサルでもわかることです。

 

 大方のTV、新聞は、財務官僚OB(次期総裁、たぶん武藤氏)を金融緩和のヒーローに奉り上げつつ(官僚ポジキャンペーン)、次の景気底では苦渋の決断と称して、もっと増税が必要だね、となる可能性が高い(マスコミと官僚の癒着やその歴史については、官報複合体@牧野洋氏もしく長谷川幸洋氏の近著を参照)。

 次なる大増税では官僚も政治家も一生懸命やっている、しようがない、、と納得させられないように注意。 実は一生懸命、増税方向に動いていただけですから(^^;

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 財務省(旧大蔵)の消費税増税への策動は竹下政権で始まり、細川政権でつまずき、直球路線から金融政策(為替介入など為替政策含む)を悪用する巧妙な路線に変質してきたと思う。

 

 90年代末の日銀法改正(日銀の独立性強化)でデフレ円高政策をやりやすくしつつ、ミスター円(榊原氏)が(円高是正に効果が無い)無駄な為替介入を乱発したのはそのためでしょう(参照@★通貨量、通貨供給量、為替操作、インフレ目標、中銀独立性)。

 

 これは、普通に考えればかなり不可解な政策ですが(これも他の先進国に例を見ない異常な政策)、デフレ政策も為替介入も政府債務を膨らませますから、増税に追い込むための動き、と見れば合点がいきます。

 でも、マスコミは金融政策の報道をしない、、、しても、ねじ曲げ論説をするので、データだけ見て自分の頭で考えるヒトでなければ、この不可解さにすら気がつかない。

 

 今や、財務官僚=金融緩和、という単純な図式ではありません

 

 ちなみに、ほぼ全てのマスコミは、ここ20年のデフレ円高誘導の金融政策と、円高是正に効果が無い為替介入乱発の並存に、何の疑問も持たなかった(今も)。 それどころか、為替介入を円高是正の戦いと賞賛してた(今もしている)。 これは官僚・マスコミ癒着の何よりの証しです。

 財務(大蔵)官僚の榊原氏は、為替介入乱発でミスター円とマスコミ(およびそれで潤う金融業界)に賞賛されましたが、馬鹿みたいですね^^。 これって、テイのいい税金詐取ですから

 為替介入で潤うマスコミ人も少なからずいるのかも。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/02/04(01:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。