収益性
0
活発度
0
人気度
52
収益量
0
投稿量
79
注目度
55

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1473件目 / 全1494件次へ »
ブログ

国債不安時代の個人資産保全方法

 ソブリン債リスク(国債リスク)が喧伝されている時代ですが、日米欧、どこの国債が一番危ういか、、、これは結局、累積政府債務の対GDP比と、その動向(悪化方向か改善方向か、悪化の速度は如何)に依ります。

 日本の潜在成長率(時系列平均の成長率みたいなもの)は先進国中、最低で、構造改革が最も遅れている現状、この先も進捗しない傾向(2つ前の日記に書いてますが)、高齢化の進展状況から、累積政府債務の対GDP比は今後も先進国中、最大をキープしそうです。 また、その悪化速度も今回金融危機収束後は先進国中、最悪のままでしょう。

 今は日銀が諸外国と比べ金融緩和的でないこともあり、円高ですが、金融危機収束後、景気回復後は円安になることが目に見えてます。 国の借金が大きい故、景気回復でも低金利持続とせざるを得ませんから、当然、そうなるでしょう。

 であれば、今の円高局面で海外投資するのが資産保全上、尤も有利となります。
 でも、やっぱり海外投資は為替変動リスクがあるし、海外投資は良く分からない、、、となれば、日米欧豪のMMFに4分割し、ドルコスト平均(時間分散)で入れて行くのが、もっとも良いのかも。

 これならば、為替変動リスクは無くなるし(どこかの通貨が上がれば、他方の通貨は下がり、全体平均では価値ほぼ不変)、デフォルトリスクも最小だし(先進国ばかりですから)、頭も使わなくて済むし(完全に機械的)、金利は日米欧豪の平均が常に取れます(日本単独よりずっと高い)。
 日本国債への単独投資=銀行や郵貯に預けるよりは、ずっと安全で、かつ金利も高い。
 また、皆がこういう投資法を取れば、円安化していくので、日本企業の国内回帰、海外企業の日本への投資も進み(割安に日本人を雇える)、金利は上がって、政府の無駄使いに抑制圧力が働くことになります。 選挙でどの党が勝っても無駄使いが出来なくなる、構造改革を進めざるを得なくなる。 これも国民生活にプラス。

、、、、ソブリンリスクが喧伝されているとはいえ、ソブリン債を売り込めば、誰も無傷では済みません。 国際金融から隔離された日本国債はともかく、欧米主要国の国債が売り込まれる確率はかなり低いです。 売っても逃げ場が無いですから。 全ての国債が売り込まれることはあり得ない。 

 
 
 
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。