ヘリオス テクノ ホールディングのTOP

ヘリオスTHの詳細情報

始値685.0円 単元株数100株
高値688.0円 PER(調整後)5.68倍
安値676.0円 PSR0.66倍
配当利回り4.41% PBR1.07倍
出来高86,300株
時価総額15,508百万円
発行済株数22,806千株
最安購入金額 ---
株主優待 地方の特産物
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは実績値です。

目標株価

目標株価

買い
767 円
現在株価との差

+87.0 

理論株価

(02/15)

1,000 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    ヘリオス テクノ ホールディング---3Q減収なるも、売上及び利益はほぼ計画通りに進捗

    ヘリオス テクノ ホールディングは5日、2019年3月期第3四半期(18年4-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比2.2%減の174.45億円、営業利益が同26.6%減の20.27億円、経常利益が同25.0%減の20.37億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同24.8%減の14.49億円となった。同社グループにおいては、ほぼ計画通りの売上及び利益となり、配向膜用フレキソ印刷装置及び露 ...続きを読む
  • ニュース

    決算マイナス・インパクト銘柄 【東証1部】 … SB、スズキ、NTTデータ (2月5日発表分)

    ―決算で売られた銘柄! 下落率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「マイナス・インパクト」となった可能性のある東証1部の銘柄である。株価が決算発表前日の2月4日から5日の決算発表を経て6日大引け現在、水準を切り下げている銘柄を下落率の大きい順にランキングした。 ...続きを読む
  • ニュース

    決算マイナス・インパクト銘柄 【東証1部】 … SUMCO、スズキ、NTTデータ (2月5日発表分)

    ―決算で売られた銘柄! 下落率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「マイナス・インパクト」となった可能性のある東証1部の銘柄である。株価が決算発表前日の2月4日から5日の決算発表を経て6日9時27分現在、水準を切り下げている銘柄を下落率の大きい順にランキングした。 ...続きを読む
  • 適時開示

    平成31年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

    平成31年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
  • ニュース

    明日の決算発表予定 伊藤忠、三菱商、SBなど160社 (2月4日)

    ※決算発表の集中期間(1月25日~2月14日)は、『決算特報』を毎日3本配信します。  1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信  2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信  3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信 ご注目ください。なお、配信時間は多少前後します。 2月5日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算  ■取引時間中の発表   ◆第3四 ...続きを読む
  • ニュース

    ヘリオステクノHD Research Memo(15):19年3月期は減益予想。30円配を据置き。早期収益回復へ自信

    ■株主還元ヘリオステクノホールディングは、株主還元は配当によることを基本としている。配当の水準に関して、公約配当などは定めていないが、過去の配当実績を見ると、安定的な配当を基本としながら業績が伸びた場合には増配で応えてきたことがわかる。2019年3月期について同社は、前期比横ばいの30円配の配当予想を公表している。予想1株当たり利益は90.06円で、これに基づく配当性向は33.3%となる。前述のよ ...続きを読む
  • ニュース

    ヘリオステクノHD Research Memo(14):M&Aの進展や新製品開発の進捗が注目点

    ■今後の見通し2. 2020年3月期以降の考え方2020年3月期の業績について、弊社の考え方は前回レポートで述べたところから大きな変更はない。弊社では、2020年3月期の業績は中長期のトレンドラインに沿う形で増収増益になると予想している。主力の製造装置事業は、依然として液晶を初めとするFPD製造装置が主体で半導体分野のビジネスはごく限定的とみられる。しかし中国の液晶パネル設備投資は高水準が続くとみ ...続きを読む
  • ニュース

    ヘリオステクノHD Research Memo(13):19年3月期通期見通しを上方修正

    ■今後の見通し1. 2019年3月期通期の業績見通しヘリオステクノホールディングは2019年3月期について第2四半期までの順調な進捗を踏まえて上方修正している。新予想は、売上高24,300百万円(前期比3.5%増)、営業利益2,300百万円(同24.3%減)、経常利益2,300百万円(同22.9%減)、親会社株主に帰属する当期利益1,630百万円(同24.7%減)となっている。上方修正にも関わらず ...続きを読む
  • ニュース

    ヘリオステクノHD Research Memo(12):M&Aによる規模拡大が成長戦略コア

    ■中長期の成長戦略5. 日本技術センターの進捗状況日本技術センターは、技術者派遣・製造者派遣等の人材サービス事業と、検査装置等の開発・製造・販売(事業セグメント上はこの分野の収益は装置事業に含まれる)を営んでいる。人材サービス事業については、業界全体が技術者・製造労働者の確保に苦心しており、ヘリオステクノホールディングも例外ではない。この状況の打開策として、人材と顧客・商圏の両方を獲得できるM&a ...続きを読む
  • ニュース

    ヘリオステクノHD Research Memo(11):19年3月期は世界初の超広帯域LEDの開発を発表

    ■中長期の成長戦略4. フェニックス電機の進捗状況フェニックス電機の成長戦略は新製品の開発とその拡販に尽きる。これまで、MLSの光源ランプの代替を目指した紫外線LEDランプの開発や、赤外線LEDランプを使った新事業・新製品の開発などが具体例として紹介されていたが、2019年3月期第2四半期において、超広帯域LED発光素子を世界で初めて開発したことが発表された。この超広帯域LED素子は、フェニックス ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

ヘリオス テクノ ホールディング あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

20,900.63

-239.07

TOPIX

1,577.29

-12.51

JASDAQ

147.14

-0.94

米ドル/円

110.46

-0.01

ユーロ/円

124.72

+0.01

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック