株テーマ【円安メリット】

【円安メリット】とは

円安メリット

平均株価変動率-0.53%
「円安メリット」は、株式市場で考える場合、まず自動車、電機、精密機器、機械など主力の輸出企業にとって収益拡大要因と判断する。例えば、1ドル=90円から1ドル=100円へと対ドルで10円分の円安・ドル高が進行した場合、従来1個1ドル(90円)で海外で販売していた同じものが、1ドル(100円)で売れるようになり、円換算することで、売上高、利益の手取りが増加し、利益水準が上昇することになる。また、手取り 「円安メリット」は、株式市場で考える場合、まず自動車、電機、精密機器、機械など主力の輸出企業にとって収益拡大要因と判断する。例えば、1ドル=90円から1ドル=100円へと対ドルで10円分の円安・ドル高が進行した場合、従来1個1ドル(90円)で海外で販売していた同じものが、1ドル(100円)で売れるようになり、円換算することで、売上高、利益の手取りが増加し、利益水準が上昇することになる。また、手取りが増加したことで、値下げの余地も出て価格競争力の向上も期待できる。
もっと見る
...さらに表示

【円安メリット】関連銘柄一覧

1~15件 / 全125件

« 前へ 1 3 4 5 6 7
コード銘柄名称株価前日比関連度
7203 トヨタ自動車 2,030.0 (11:30) -15.5 (-0.75%)
7261 マツダ 896.0 (11:30) -20.0 (-2.18%)
7270 SUBARU 2,079.0 (11:30) -51.5 (-2.41%)
7201 日産自動車 544.7 (11:30) -13.3 (-2.38%)
7751 キヤノン 2,483.0 (11:30) -58.5 (-2.30%)
7974 任天堂 51,450.0 (11:30) +780.0 (+1.53%)
6432 竹内製作所 2,676.0 (11:30) -19.0 (-0.70%)
6448 ブラザー工業 1,989.0 (11:30) -11.0 (-0.55%)
6954 ファナック 23,180.0 (11:30) -55.0 (-0.23%)
7267 ホンダ 3,182.0 (11:30) +7.0 (+0.22%)
7752 リコー 992.0 (11:30) -25.0 (-2.45%)
6770 アルプスアルパイン 997.0 (11:30) -33.0 (-3.20%)
9101 日本郵船 7,980.0 (11:30) +390.0 (+5.13%)
9104 商船三井 7,190.0 (11:30) +460.0 (+6.83%)
9107 川崎汽船 5,310.0 (11:30) +425.0 (+8.70%)
« 前へ 1 3 4 5 6 7