ハイパフォーマンスなII型対面プランのキッチン空間を新提案

配信元:PR TIMES
投稿:2023/12/04 16:48


パナソニック ハウジングソリューションズ株式会社(代表取締役社長:山田 昌司 本社:大阪府門真市 以下、パナソニック ハウジングソリューションズ)は、物価高騰下における住宅購入ニーズを考慮し、住宅面積の縮小化に対応したハイパフォーマンスなII型対面プランのキッチン空間を新提案。従来、調理・片付け中心であったキッチン(モノ)視点から、配膳・食事を含めたダイニング・キッチン(空間)視点へ、考え方を刷新します。

■社会背景・生活者調査
近年の建築資材価格高騰、不動産価格高騰などの背景もあり、住宅面積は縮小化の傾向にあります。
パナソニック ハウジングソリューションズ調査(※1)によると住宅取得時やリフォーム時に、購入価格を予算内に収めるために、妥協しても良いと思う点として40%の人が「空間の広さ」と回答。ただし、LDK空間においては「リビングは広くゆとりがほしい(76%)」という回答が多く、リビングはスペースを確保したいというニーズがあることが分かりました。また、一方で重視する点として「住宅設備の機能性やグレード(57%)」「立地(54%)」が挙げられました。

■新提案「ハイパフォーマンスなII型対面プランのキッチン空間」
パナソニック ハウジングソリューションズは、2023年12月より、空間の有効活用(スペースパフォーマンス)、家事動線の短縮(タイムパフォーマンス)、ダイニング・キッチン面積抑制(コストパフォーマンス)の3つの視点で「コンパクト住宅でもハイパフォーマンスなII型対面プランのキッチン空間」の提案を強化します。
コンロ側が幅1,350 mmのコンパクトなII型対面プランのキッチンに、ダイニングテーブルを横付けすることにより、キッチンスペースにダイニングスペースを確保。調理から後片付けまで、一連の動線の短縮を実現。
スペースの有効活用にも繋がり、リビングにスペースが生まれます。
ゆとりのできたリビングでは、ライフスタイルに合わせてアレンジすることで、好みの空間を演出できます。
パナソニック ハウジングソリューションズ独自設計の段差が少ない「ワイドコンロ」は、コンロの手前も調理スペースとして使えるためコンパクトな間口でも広々と使用できます。本プランの間取り図に対し、40%の方が「理想的」と回答しています。

特設サイト:https://bit.ly/panasonic_kitchen_052

<特長>
I型2,550 mmの対面キッチンとカップボード1,800 mmの主要な機能をII型キッチン1,350 mm+1,800 mmにぎゅっとまとめました。
(1)スペースパフォーマンス:幅1,350 mmのII型対面プランのキッチンにダイニングテーブルを横付けすることで広々としたリビング空間を確保
(2)タイムパフォーマンス:調理、盛り付け、配膳、後片付けにおける一連の動線の短縮を実現
(3)コストパフォーマンス:限られた空間の有効活用と、動線の短縮により、ダイニング・キッチンの面積を抑制

【搭載対象製品】ラクシーナ II型対面プラン
【構成商品価格(税込)】195万円~(税抜:178万円~)※以下アイテムを装備した金額
「ワイドコンロ」「ラクするーシンク」「スラくるネット」
【提案強化開始】2023年12月~

※1 パナソニック ハウジングソリューションズ調べ「物価高騰下における住宅購入ニーズ調査」調査期間:2023年10月 調査方法:インターネット 調査対象:都市圏において3年以内に新築購入・リノベーションを検討している30代~50代男女400人

【お問い合わせ先】
住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
電話:0120-878-093(受付9:00~18:00)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース]ハイパフォーマンスなII型対面プランのキッチン空間を新提案(2023年12月4日)
https://news.panasonic.com/jp/press/jn231204-2

<関連情報>
・特設サイト
https://bit.ly/panasonic_kitchen_052
・Life Style Fit
https://sumai.panasonic.jp/life-style-fit/
・家で楽しむ プラスワンスペース
https://sumai.panasonic.jp/interior/enjoy/plusone/
配信元: PR TIMES

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,466.5
(03/01)
+46.0
(+3.23%)