しまむらが冴えない、7月既存店売上高は10カ月連続前年上回るも利益確定売り

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2023/07/25 11:08
しまむらが冴えない、7月既存店売上高は10カ月連続前年上回るも利益確定売り  しまむら<8227.T>が冴えない動き。24日の取引終了後に発表した7月度(6月21日~7月20日)の月次売上速報で、既存店売上高は前年同月比2.1%増と10カ月連続で前年実績を上回ったものの、サプライズ感はなく利益確定の売りが出ているようだ。

 お出かけ需要や気温の上昇により、夏物のアウター衣料と肌着や寝具などの実用品が売り上げを伸ばした。アウター衣料ではPBの「CLOSSHI」とJB(共同開発ブランド)の「SEASON REASON」や「LOGOS DAYS」のTシャツやシャツ、パンツが好調だった。一方、実用品ではPBの「CLOSSHI」の肌着や敷パッド、スリッパが好調。水着や浴衣も売り上げを伸ばした。なお、全店売上高は同1.9%増だった。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
7,241.0
(07/12)
0.0
(---)