「電動キックボード」が13位に急浮上、運転免許なしでの公道走行を7月に解禁へ<注目テーマ>

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2023/01/20 12:20
「電動キックボード」が13位に急浮上、運転免許なしでの公道走行を7月に解禁へ<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 円高メリット
2 パワー半導体
3 防衛
4 半導体
5 地方銀行
6 銀行
7 インド関連
8 金利上昇メリット
9 子育て支援
10 グローバルニッチ

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電動キックボード」が13位に急浮上している。

 警察庁は19日、一定の条件を満たす電動キックボードについて、運転免許なしでの公道走行を7月から解禁する方針を示した。改正道路交通法の施行により電動キックボードを新たに「特定小型原動機付自転車」と区分し、最高速度が時速20キロメートル以下などの一定条件を満たした電動キックボードは、16歳以上であれば免許不要で乗車できるようにする。

 電動キックボードは、欧米では2017年ごろに登場し、シェアリングサービスが多くの先進国で風景の一部となっている。一方日本では、電動キックボードは「原動機付自転車」に該当し、公道での走行は車道に限定。運転免許証の携帯やヘルメットの着用が義務づけられ、ナンバープレート、サイドミラー、ウインカーなどの装着も必要となっていた。ただ、21年4月からはシェアリングサービスの実証実験が各地でスタートし、ヘルメットの着用義務がない「特例電動キックボード」として普及は徐々に広がりつつある。

 今回の改正道交法の施行により、近距離の移動手段としての利便性が高まることになり、シェアリングサービスのエリア拡大が期待される。また、個人で購入するケースも増えそうだ。この日は、電動キックボードのシェアリング事業を行うサンオータス<7623.T>が一時ストップ高の526円に買われているほか、グループ会社のブレイズが立ち乗りできる電動スクーターを展開するMTG<7806.T>も高い。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
754.0
(15:00)
-22.0
(-2.83%)
7806
1,431.0
(15:00)
-88.0
(-5.79%)
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介