「2021年のIPO」が13位にランク、120社超が上場と15年ぶり高水準<注目テーマ>

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/12/06 12:20
「2021年のIPO」が13位にランク、120社超が上場と15年ぶり高水準<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10

1 メタバース
2 半導体
3 リチウムイオン電池
4 全固体電池
5 電気自動車関連
6 人工知能
7 半導体製造装置
8 脱炭素
9 電気自動車充電器
10 NFT

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「2021年のIPO」が13位となっている。

 2021年の新規上場企業数は、年間で120社を超える見通しとなった。これは06年の188社以来、15年ぶりの高水準だ。100社を超えるのも07年以来のことだ。特に、12月は30社超が株式上場を果たす予定であり、「年末のIPOラッシュ」となる。

 すでに、2日にジャスダック市場にのむら産業<7131.T>が新規上場したが、10日に東証マザーズに上場するフレクト<4414.T>以降、IPOラッシュが本格化する。特に、15日に東証1部へ上場するネットプロテクションズホールディングス<7383.T>や22日に東証マザーズに上場するFinatextホールディングス<4419.T>、23日に同じく東証マザーズに上場するエクサウィザーズ<4259.T>などは資金吸収額が100億円を超す大型IPOとなる見込みであり、市場の関心を集めている。12月第1号となったのむら産業の初値は公開価格を下回ってスタートした。全体相場の軟調な地合いが続くなかでのIPOラッシュとなりそうなだけに、「新興市場を中心に需給悪化要因とならないか」(アナリスト)を警戒する見方もある。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
523.0
(05/27)
+24.0
(+4.80%)
2,515.0
(05/27)
-9.0
(-0.35%)
419.0
(05/27)
+7.0
(+1.69%)
886.0
(05/27)
+7.0
(+0.79%)
588.0
(05/27)
-18.0
(-2.97%)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介