米外為市場サマリー:一時109円10銭台に軟化するも下げ渋る

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/09/16 07:46
米外為市場サマリー:一時109円10銭台に軟化するも下げ渋る  15日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=109円38銭前後と前日に比べて30銭程度のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=129円24銭前後と同20銭強のユーロ安・円高だった。

 14日発表の米8月消費者物価指数(CPI)の伸び率が鈍化したことで、米連邦準備理事会(FRB)による早期のテーパリング(量的緩和の縮小)観測が後退するなか、アジアや欧州市場でドル売り・円買いが強まった流れを引き継ぐかたちでスタートし、一時109円11銭までドル安・円高が進んだ。ただ、9月のニューヨーク連銀製造業景気指数が市場予想を上回ったことを受けて米長期金利が上昇すると、日米金利差の拡大を意識したドル買い・円売りが流入。NYダウが反発したこともドルの下支えとなり、109円45銭まで下げ渋る場面があった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1817ドル前後と前日に比べて0.0010ドル強のユーロ高・ドル安だった。


出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.6 25.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介