個別銘柄戦略:大林組や森永乳業などに注目

配信元:フィスコ
投稿:2021/09/15 09:10
14日の米国市場でAは、NYダウが292.06ドル安の34577.57、ナスダック総合指数が67.82pt安の15037.76、シカゴ日経225先物が大阪日中比265円安の30135円といずれも下落した。15日早朝の為替は1ドル=109.60-70円(昨日午後3時は110.08円)。本日の東京市場では、米8月消費者物価指数が市場予想を下回ったことで、景気減速懸念が強まるなか、景気敏感株を中心に軟調となりそうだ。特に再び1.2%台へと大きく低下した米10年国債利回りを受けて三菱UFJ<8306>をはじめとする大手金融株は売りが優勢となろう。住友鉱山<5713>などの非鉄金属や、東海カーボン<5301>などのガラス・土石などの純粋シクリカル(景気循環)系銘柄もさえない展開となりそうだ。そのほか、円高進展を背景にトヨタ<7203>などの輸送用機器セクターをはじめとした輸出関連銘柄も軟調が想定される。一方、米長期金利の低下を背景に東エレク<8035>やレーザーテック<6920>などの半導体関連を中心としたハイテク株、コロナ新規感染者の減少傾向からANA<9202>、JR東日本<9020>などのアフターコロナ関連は堅調が予想される。そのほか、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された大林組<1802>、山崎製パン<2212>、森永乳業<2264>、デンカ<4061>、エプソン<6724>、ソニーグループ<6758>、日立造船<7004>、丸紅<8002>などに注目。
<FA>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1802
936.0
(09/21)
-37.0
(-3.80%)
1,999.0
(09/21)
+2.0
(+0.10%)
7,160.0
(09/21)
-100.0
(-1.38%)
4061
4,045.0
(09/21)
-95.0
(-2.29%)
1,534.0
(09/21)
-67.0
(-4.18%)
4,141.0
(09/21)
-110.0
(-2.59%)
2,279.0
(09/21)
-33.0
(-1.43%)
12,340.0
(09/21)
+25.0
(+0.20%)
28,510.0
(09/21)
-320.0
(-1.11%)
920.0
(09/21)
-15.0
(-1.60%)
9,929.0
(09/21)
-91.0
(-0.91%)
8002
924.4
(09/21)
-29.6
(-3.10%)
54,070.0
(09/21)
-1,360.0
(-2.45%)
632.5
(09/21)
-9.6
(-1.50%)
7,088.0
(09/21)
+130.0
(+1.87%)
2,710.0
(09/21)
+67.0
(+2.53%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.2 22.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介