ソーラーエッジが11月以来の安値に下落 ロジスティクスのコストが利益圧迫=米国株個別

著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/05/05 03:31
 太陽光発電のソーラーエッジが大幅安。株価は11月以来の安値に下落している。1-3月期決算(第1四半期)を発表しており、売上高は予想を上回ったものの、1株利益が予想範囲内だったことが嫌気されている模様。第2四半期のガイダンスも公表しており、売上高見通しは予想を上回った。

 ロジスティクスのコストが利益を圧迫した。アナリストからはロジスティクスの課題は年内まで利益を圧迫する可能性があるが、同社のインバーター製品の需要は多くの地域で引き続き堅調だとも指摘した。

(1-3月・第1四半期)
・1株利益(調整後):0.98ドル(予想:0.98ドル)
・売上高:4.05億ドル(予想:3.96億ドル)

(4-6月・第2四半期見通し)
・売上高:4.45~4.65億ドル(予想:4.48億ドル)
・粗利益率(調整):32~34%

(NY時間14:20)
ソーラーエッジ 221.30(-38.76 -14.90%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶ(FX/為替)から転載しています。

配信元: みんかぶ(FX/為替)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.6 27.4
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介