ツインバードは大幅続落、22年2月期上期は大幅黒字転換見通しも材料出尽くし感◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/04/09 09:51
ツインバードは大幅続落、22年2月期上期は大幅黒字転換見通しも材料出尽くし感◇  ツインバード工業<6897.T>は大幅続落している。8日の取引終了後、22年2月期上期(21年3~8月)連結業績予想を発表し、売上高72億円(前年同期比37.5%増)、営業利益4億円(前年同期9700万円の赤字)、最終利益2億円(同1億2000万円の赤字)と黒字転換を見込むとしたが、目先の材料出尽くし感から売られているようだ。

 新型コロナウイルス感染症ワクチン用ディープフリーザーの需要拡大ペースを見極める必要があることから、通期見通しは開示せず上期見通しのみの発表となったが、武田薬品工業<4502.T>向けディープフリーザー5000台の納品が4月中に完了する予定であることが寄与する。なお、年間配当は前期比3円増の15円を予定している。

 なお、21年2月期決算は、売上高125億500万円(前期比2.9%増)、営業利益6億800万円(同3.4倍)、最終利益1億6400万円(前期1億3300万円の赤字)だった。ディープフリーザーの大型受注が業績を牽引した。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,220.0
(04/09)
-91.0
(-6.94%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

70.6 29.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介