WACULが反発、DX化機運の高まり受け21年2月期業績は計画上振れ

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/04/09 09:13
 WACUL<4173.T>が反発している。この日の寄り前、集計中の21年2月期単独業績について、売上高が7億800万円から7億1200万円(前の期比46.8%増)へ、営業利益が6700万円から7100万円(前の期1億4000万円の赤字)へ、最終利益が3800万円から8300万円(同1億4200万円の赤字)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。

 マーケティングのデジタルトランスフォーメーション(DX)への機運の高まりが継続し、同社の属する市場が堅調に推移したことが要因という。また、上場関連費用が予想を下回ったことも寄与した。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3,065.0
(04/09)
+92.0
(+3.09%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

78.1 21.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介