2月22日のNY為替概況

配信元:フィスコ
投稿:2021/02/23 05:00
 22日のニューヨーク外為市場でドル・円は105円52銭から105円00銭まで下落して引けた。対欧州通貨での動きに連れてドル売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.2130ドルから1.2168ドルまで上昇して引けた。ドイツの2月IFO景況感指数が予想を上回り10月来で最高となったことを好感したユーロ買いが継続。

  
ユーロ・円は128円13銭から127円50銭まで下落。

  
ポンド・ドルは1.4020ドルから1.4086ドルまで上昇した。ジョンソン英首相はロックダウンの段階的解除の計画を発表したためポンド買いが優勢となった。

ドル・スイスは0.8978フランから0.8949フランまで下落した。

  [経済指標]・米・1月シカゴ連銀全米活動指数:0.66(予想0.5、12月:0.41←0.52)・米・1月景気先行指数:前月比+0.5%(予想:+0.4%、12月:+0.4%←+0.3%)・米・2月ダラス連銀製造業活動指数:17.2(予想:5.0、1月:7.0) <KY>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.4 30.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介