サムティ、今期経常を5%上方修正・最高益予想を上乗せ

配信元:株探
投稿:2020/11/19 15:30
 サムティ <3244> が11月19日大引け後(15:30)に業績修正を発表。20年11月期の連結経常利益を従来予想の138億円→146億円(前期は131億円)に5.4%上方修正し、増益率が5.0%増→10.7%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した6-11月期(下期)の連結経常利益も従来予想の95.4億円→102億円(前年同期は3.9億円)に7.9%増額し、増益率が24倍→26倍に拡大する計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 当連結累計期間(2019年12月1日~2020年11月30日)においては、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大により、先行き不透明な状況となりました。足下では、経済活動が再開されつつありますが、第三波の到来が懸念されております。2020年9月30日公表の「業績予想の修正に関するお知らせ」は、新型コロナウィルス感染症の影響を精緻に予測することは困難であることから、複数のシナリオを想定し、レンジ形式による開示としておりました。連結会計年度末を迎え確度の高い数値の集計が可能となったことから、上限に近い数値を特定値として公表することといたしました。当連結累計期間において当社グループの主力事業である賃貸マンション事業は、稼働率、賃料水準、物件売買価格、賃貸状況ともに、順調に推移しております。また当社グループの主な取引形態であるBtoB(企業間取引)の物件売買については、新型コロナウイルス感染症の影響は限定的であり、金融システムの安定に加え、世界的な低金利を背景に堅調に推移しております。開発用地の仕入価格についても、下落傾向にはなく、価格調整の影響は見受けられません。通期連結業績予想数値につきましては、前回公表の「業績予想の修正に関するお知らせ」の通り、外部環境を鑑み、ホテルREIT設立およびホテル物件の売却時期を翌期以降へ見直し、賃貸マンション及びオフィスビルを中心に売却予定物件の入替を行いました。その結果、売上高は、前回公表の業績予想レンジ内に収まる見通しとなりました。一方、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は、第4四半期累計期間に予定していた物件売却の契約及び決済が完了したこと及び完了の確度が高まったことから上限数値として着地する見込みとなりました。※上記の予想数値は、発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであります。実際の業績は今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,794.0
(11/26)
-8.0
(-0.44%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

62.0 38.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介