タングスはS高、二軸押出機部材で長寿命かつ軽量な新材料を開発

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/19 10:46
タングスはS高、二軸押出機部材で長寿命かつ軽量な新材料を開発  日本タングステン<6998.T>がストップ高まで買われ、年初来高値を更新した。同社はきょう、二軸押出機部材「MAZELLOY」で、新たに長寿命かつ軽量な新材料「MZ01」を開発したと発表。これが材料視されているようだ。

 強化樹脂コンパウンドの生産には「二軸押出機」が使われるが、性能向上のために添加される硬質素材の影響で部材消耗が深刻化し、部材の交換頻度が増えることによる部材の調達コスト増、装置停止に伴う生産性の低下などの問題があった。このほど開発した新規複合材料「MZ01」は、合金工具鋼の10倍以上の耐摩耗性、比重7.1と鋼材よりも軽い、衝撃に強いといった特徴があり、問題解決につながる材料として期待される。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,795.0
(10/28)
-22.0
(-1.21%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

54.9 45.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介