日進工具、非開示だった上期経常は77%減益、未定だった上期配当は10円減配

配信元:株探
投稿:2020/07/31 15:30
 日進工具 <6157> が7月31日大引け後(15:30)に決算を発表。21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比53.1%減の3.5億円に大きく落ち込んだ。
 併せて、非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結経常利益が前年同期比77.5%減の2.8億円に落ち込む見通しを示した。

 業績悪化に伴い、従来未定としていた今期の上期配当を10円(前年同期は20円)実施する方針とした。下期配当は引き続き未定とした。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の30.5%→18.1%に大幅低下した。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  今後の経済見通しに関しましては、我が国を含め再び新型コロナウイルス感染症の拡大が進むなか、非常に不透明な状況となっております。 このような環境のなか第2四半期につきましては、引き続き工具需要は低迷すると思われ、先行き不安から一部商社での仕入れを絞る動きにより、最終需要以上に当社グループの販売が落ち込む可能性があります。また当社グループの生産面におきましても、生産数量抑制のため工場勤務者の帰休を含め更なる減産対応を行う予定でありますことから、原価率の上昇が想定されます。これらにより、販売管理費等の削減を行っても利益面では売上高以上に厳しい状況になると考えております。当社グループでは、営業面ではオンラインを用いた営業活動の推進や、不測の事態下でも安定供給を継続出来る在庫センターの分散化、また生産・開発面ではコーティングを強化した新製品の投入や生産時の段取り時間の大幅な短縮等に取り組み、市況の回復に備えてまいります。 以上により第2四半期連結累計期間におきましては、連結売上高3,600百万円(前年同期比27.0%減)、営業利益280百万円(同77.8%減)、経常利益285百万円(同77.5%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益163百万円(同80.4%減)を見込んでおります。 なお、通期の業績予想につきましては、新型コロナウイルス感染症の終息見通しや、社会・経済状況の先行きがある程度判断できる状況になる等、合理的な業績見通しの開示が可能となった時点で、速やかに公表いたします。 なお、個別業績予想に関しましても、上記と同様の理由によるものであり、第2四半期累計期間におきましては、売上高3,040百万円(前年同期比28.8%減)、経常利益400百万円(同65.7%減)、四半期純利益278百万円(同65.9%減)を見込んでおります。※上記の業績予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報及び将来の業績に影響を与える不確実な要因に係る本資料発表日現在における仮定を前提としております。実際の業績は、今後様々な要因によって大きく異なる結果となる可能性があります。

  配当につきましては、安定性・継続性に配慮しつつ、業績動向や配当性向等を総合的に勘案して行うこととしておりますことから、1株当たり中間配当金10円を予定させていただきます。期末配当金につきましては、合理的な通期の業績見通しの開示が可能となった時点で速やかに公表いたします。
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,508.0
(08/11)
-2.0
(-0.08%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.6 22.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介