<動意株・13日>(大引け)=児玉化、アルテック、ブロッコリーなど

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/07/13 15:07
<動意株・13日>(大引け)=児玉化、アルテック、ブロッコリーなど  児玉化学工業<4222.T>=後場急動意し一時ストップ高。この日午後、トヨタ自動車<7203.T>が発表した新型高級SUV「ハリアー」の内装部品に三次元加飾工法による高付加化価値製品が採用されたと発表しており、これが材料視されている。今回採用されたのは、ドアトリムのパイピングオーナメント。トヨタは先月、7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型高級SUV「ハリアー」の発売を発表したが、流麗なフォルムと大人のセンスあふれる上質な室内空間が特徴であり、同社のパイピングオーナメントは、室内のさりげないセンスを演出しているという。

 アルテック<9972.T>=動意含み。25日移動平均線を足場に上放れの兆しをみせている。特殊産業機械の専門商社だが、印刷・包装分野でパッケージ印刷に関連する装置を幅広く扱っているほか、3Dプリンターなど次世代商品の取り扱いでも実績が高い。PER7倍台であるだけでなく、有配企業にもかかわらずPBRが0.3倍台と極めて割安水準に放置されている。業績も20年11月中間期業績は営業利益が前年同期比9%増の2億3400万円と増益を確保している。低位株物色の流れが強まるなかにあって売買代金も増勢で、マーケットの注目度も高まっている。

 ブロッコリー<2706.T>=急伸。前週末10日の取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)単独決算が、売上高12億7500万円(前年同期比0.4%減)、営業利益2億4300万円(同3.9倍)、純利益1億7300万円(同4.1倍)と大幅増益だったことが好感されている。昨年6月に公開された「劇場版うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダム」の収益配分が全て行われたことが寄与した一方、新型コロナウイルス感染症の影響でイベントの延期・中止などがあり他社ライセンスグッズが苦戦し売上高は前年並みとなった。ただ、売上高構成の変化に伴い、「うたの☆プリンスさまっ♪」関連のゲーム、CD、ロイヤルティー、トレーディングカードゲーム「Z/X(ゼクス)」などの高利益率商品の比重が大幅に上昇し売上総利益率が前年同期比10.1ポイント改善したことが利益を押し上げた。21年2月期通期業績予想は、売上高73億円(前期比12.7%増)、営業利益9億円(同32.2%増)、純利益6億円(同58.6%増)の従来見通しを据え置いている。

 メディネット<2370.T>=一時ストップ高。この日、新型コロナウイルス迅速抗体検査キットの提供を開始すると発表した。同製品は、19年にγδT細胞培養加工技術を導出する契約を締結した台湾のメディジェン・バイオテクロノジー社(MBC、台北市)の関連企業であるTBGバイオテクノロジー社が製造する検査キット。同社ではMBCと契約を締結し、同製品を日本国内で提供する予定としている。また、前週末10日の取引終了後、豪投資銀行のマッコーリー・バンクが財務省に大量保有報告書を提出し、マッコーリーのメディネット株式の保有割合が11.58%となり、新たに5%を超えたことが判明したことから思惑的も買いが入っているようだ。なお、保有目的は純投資としており、報告義務発生日は7月6日となっている。

 USEN-NEXT HOLDINGS<9418.T>=3日続伸。前週末10日の取引終了後、20年8月期の連結業績予想について、営業利益を90億円から104億円(前期比26.2%増)へ、純利益を33億円から40億円(同34.1%減)へ上方修正したことが好感されている。コンテンツ配信事業がユーザー数拡大により伸長する一方、電力消費量の減少などでエネルギー事業が当初予想を下回る見通しで、売上高は1970億円から1920億円(同9.2%増)へ下方修正した。ただ、第1四半期以降の消費税率改定に伴うPOSレジ販売や、決済端末IC化による自動精算機の販売などによる利益寄与や、グループ全社で原価、販管費の圧縮と生産性改善に取り組んだことが寄与した。同時に発表した第3四半期累計(19年9月~20年5月)決算は、売上高1434億2900万円(前年同期比11.7%増)、営業利益84億1800万円(同35.8%増)、純利益31億9000万円(同29.0%増)だった。

 ワイヤレスゲート<9419.T>=4日ぶり反発。ここ機関投資家の実需買いが観測されている。同社は通信会社から回線を借りて公衆無線LANやWiMAXサービスを提供するビジネスを展開するが、企業のテレワーク導入加速などによりネット接続ニーズが急拡大していることが、商機拡大につながっており、ニューノーマル(新常態)の勝ち組企業としての位置づけで人気を集めている。20年12月期業績は訪日客向けSIMが落ち込む一方、テレワーク関連特需が寄与して営業利益は前期比55%増の1億5000万円と急拡大を見込む。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
95.0
(08/03)
+2.0
(+2.15%)
1,438.0
(08/03)
+4.0
(+0.28%)
361.0
(08/03)
+10.0
(+2.85%)
6,330.0
(08/03)
+734.0
(+13.12%)
1,175.0
(08/03)
+26.0
(+2.26%)
728.0
(08/03)
-45.0
(-5.82%)
233.0
(08/03)
+9.0
(+4.02%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

67.2 32.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介