スプラングが上昇 クラウドの需要が急増=米国株個別

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/05/22 23:27
 ウェブデータ分析用ソフトウエア開発のスプラングが商いを伴って上昇。2-4月期決算を発表し、1株利益は予想範囲内ではあるが赤字となり、売上高は予想を下回った。決算発表直後は時間外で株価は下落していたものの、クラウド部門の売上高が前年比で80.7%急増しており、買い戻しが膨らんでいるようだ。

 5-7月期の売上高見通しも予想を下回っている。これについて同社のメリットCEOは、「クラウド製品の需要が急増している。ただ、新しい会計基準では、当該部門は別の取扱いがなされており、同社の最も楽観的な目標は上回っている」と説明した。同CEOはまた、「クラウド部門は天井知らずの上昇を示しており、新型ウイルス感染で大半がテレワークに移行する中、デジタルインフラは必須のアイテムとなっている」と述べた。

(2-4月・第1四半期)
・1株損益(調整後):-0.56ドル(予想:-0.57ドル)
・売上高:4.34億ドル(予想:4.43億ドル)
  メンテナンス・サービス:1.73億ドル(前年比:8.5%)
  クラウド:1.12億ドル(前年比:80.7%)
  ライセンス:1.48億ドル(前年比:-26.9%)
・営業利益率:25.6%

(5-7月・第2四半期見通し)
・売上高:約5.2億ドル(予想:5.48億ドル)

(NY時間10:17)
スプランク 176.70(+13.25 +8.10%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.7 30.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介