東京株式(大引け)=403円高、買い戻し加速で1万9000円台回復

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/04/08 15:52
東京株式(大引け)=403円高、買い戻し加速で1万9000円台回復  8日の東京株式市場は、引き続き空売り筋の買い戻しが継続し日経平均は戻り足を強めた。後場に入ると一段高となり上げ幅は400円を上回った。

 大引けの日経平均株価は前営業日比403円06銭高の1万9353円24銭と4日続伸。東証1部の売買高概算は16億8156万株、値上がり銘柄数は1634、対して値下がり銘柄数は478、変わらずは56銘柄だった。

 きょうの東京市場は引き続きリスクオフの巻き戻しが優勢となり、日経平均は上値追い基調を強めた。アジア株市場は高安まちまちだったが、米株価指数先物が高く推移したことや、外国為替市場でドル高・円安が進んだことなどを追い風に主力株をはじめ幅広い銘柄に買いが流入した。海外ヘッジファンド筋とみられる先物への買い戻しが裁定買いを通じて全体指数を押し上げた。緊急事態宣言が発令されるなか、依然として新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感は拭えていないものの、政府の大型経済対策に対する期待感が相場の上げ足を助長する形となっている。日経平均は終値ベースで7営業日ぶりに1万9000円台を回復した。

 個別では、ファーストリテイリング<9983.T>が大幅高、東京エレクトロン<8035.T>、キーエンス<6861.T>も高い。トヨタ自動車<7203.T>が買われ、花王<4452.T>も値を上げた。エムスリー<2413.T>が物色人気となり、オリエンタルランド<4661.T>なども買いを集めた。クボテック<7709.T>が値上がり率トップとなり、IBJ<6071.T>、インテリックス<8940.T>はストップ高。

 半面、富士フイルムホールディングス<4901.T>は軟調、デンカ<4061.T>も値を下げた。KDDI<9433.T>も売りに押された。ブイキューブ<3681.T>が大幅安となり、日本エアーテック<6291.T>も大きく売られた。ヒューリック<3003.T>、リソー教育<4714.T>の下げも目立つ。アセンテック<3565.T>も売られた。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
22,863.73
(06/05)
+167.98
(+0.74%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

83.7 16.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介