JXTG、今期税引き前を一転赤字に下方修正

配信元:株探
投稿:2020/03/26 13:00
 JXTGホールディングス <5020> が3月26日後場(13:00)に業績修正(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期の連結税引き前損益を従来予想の2500億円の黒字→2400億円の赤字(前期は5086億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前損益も従来予想の1321億円の黒字→3578億円の赤字(前年同期は844億円の黒字)に減額し、一転して赤字計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 新型コロナウイルス感染症拡大の世界経済への影響懸念に加え、その後の産油国による減産 協議に進展がみられなかったこと等により、1月に1バーレル当たり64ドルだったドバイ原油価格は3月には30ドル台まで大幅に下落いたしました。 これに伴い、エネルギー事業におきましては、原油および石油製品等の在庫評価による損失 影響※が2,500億円(前回公表比1,800億円の悪化)発生する見込みです。 (※ 総平均法及び簿価切り下げによるたな卸資産の評価が売上原価に与える影響) また、航空・船舶輸送の減少も含めた経済活動への影響から、国内・海外の石油・石油化学製品需要は減少し、価格急落の影響も含めてマージンが大幅に縮小した影響(約1,300億円)等により、 在庫影響を除く営業利益も前回予想を大きく下回る見込みとなりました。 2 石油・天然ガス開発事業におきましても第4四半期における原油・ガス価格の下落に伴う影響に加え、これを踏まえた保有資産の再評価を実施した結果、約900億円の減損損失を計上する見込みです。 なお、営業利益に占める在庫影響、事業セグメント別利益見通しおよび前回予想からの増減額は、以下のとおりです。 <営業利益に占める在庫影響> (単位:億円) 前回予想 今回予想 増減額 営業利益 2,800 △2,100 △4,900 在庫影響 △700 △2,500 △1,800 在庫影響を除いた営業利益相当額 3,500 400 △3,100 <事業セグメント別内訳>在庫影響を除いた営業利益相当額 (単位:億円) エネルギー事業 1,950 0 △1,950 石油・天然ガス開発事業 550 △500 △1,050 金属事業 500 400 △100 その他の事業 500 500 - 3.2020年3月期のキャッシュフローについて 上記のとおり2020年3月期の損益予想については下方修正いたしますが、その要因には評価性の損失が含まれていること、また、運転資本の改善、投資支出の減少を見込んでいること等から、今年度のフリー・キャッシュフローは、概ね計画通りとなる見通しです。 (中期経営計画(2017-2019年度)累計フリー・キャッシュフロー見通し:約8,000億円) 4.配当予想について 2020年3月期の期末配当予想は1株当たり11円であり、中間配当11円とあわせて、 年間22円から変更ありません。 (注)本資料における業績予想は公表日時点で判明している事象をもとに作成しておりますが、期末日までの 急激な変化によって、実績は大きく異なる可能性があり、その事実が明らかになった場合には、当社は 速やかに開示いたします。 また、本資料には、将来見通しに関する記述が含まれていますが、実際の結果は、様々な要因により、これらの記述と大きく異なる可能性があります。かかる要因としては、(1)マクロ経済の状況又はエネルギー・資源・素材業界における競争環境の変化、(2)法律の改正や規制の強化、(3)訴訟等のリスクなど、が含まれますが、これらに限定されるものではありません。
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
390.7
(11:30)
+6.0
(+1.56%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.0 26.0
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介