パートナーA、今期経常を59%下方修正

配信元:株探
投稿:2020/03/25 15:00
 パートナーエージェント <6181> [東証M] が3月25日大引け後(15:00)に業績修正を発表。20年3月期の連結経常利益を従来予想の1億7000万円→7000万円(前期は2億0800万円)に58.8%下方修正し、減益率が18.3%減→66.3%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の8400万円の黒字→1600万円の赤字(前年同期は8300万円の黒字)に減額し、一転して赤字計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  当社婚活事業及びカジュアルウエディング事業においては、第3四半期累計期間まで売上面は若干未達であったものの、利益面は堅調に推移しておりました。 しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、2020年3月に、婚活事業では婚活パーティーの一部開催を見送ることとしました。また、カジュアルウエディング事業では、「スマ婚」(挙式披露宴プロデュース)の施行延期、及び「2次会くん」(挙式披露宴後の二次会プロデュース)の施行延期・中止が相次ぎ発生しました。この結果、2020年3月の婚活パーティーの参加者数は0.9万名(期初計画比1.2万名減、期中平均単価 約1.7千円)、「スマ婚」の施行件数は82件(同39件減、同 約230万円)、「2次会くん」の施行件数は169件(同181件減、同 約45万円)の見込みとなりました。これらを踏まえ、2020年2月末時点では2019年5月14日に公表した「2020年3月期連結業績予想」について利益面は概ね達成を見込んでいたものの、前述のとおり売上高が減少し、固定費が期初計画と同水準が発生する見込みであることから、連結業績予想を精査し、修正することとしました。 株主・投資家の皆さまをはじめ、取引先や関係者の皆さまには多大なるご迷惑とご心配をおかけしますこと深くお詫び申し上げます。
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
108.0
(12:57)
+2.0
(+1.88%)