マザーズ指数は3日ぶり反落、利益確定が優勢、gbHDがストップ安

配信元:フィスコ
投稿:2020/02/14 16:42
 本日のマザーズ指数は3日ぶり反落となった。前日の米国株式市場は、新型肺炎感染拡大の勢いが弱まりつつあるとの楽観ムードが後退したことで主要3指数は揃って反落。日本でも神奈川県で国内初の死者が出たことから、個人投資家の間でも懸念が広がり、マザーズ市場にも朝方から売りが先行。週末要因から積極的な押し目買いもみられず、直近2日間で上昇していたことも相まって、利益確定の動きが終日優勢であった。物色としても、決算後の個別物色のほかは、時価総額上位銘柄への売りが目立った。なお、マザーズ指数は3日ぶりの反落、売買代金は概算で859.62億円。騰落数は、値上がり66銘柄、値下がり238銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、業績予想の下方修正を発表したgbHD<6557>がストップ安になったほか、前日の減益決算が嫌気されたグッドスピード<7676>やJMC<5704>がそれに続いて大幅安に。売買代金上位銘柄では、Aiming<3911>、ジモティー<7082>、そーせい<4565>、ラクス<3923>、メドピア<6095>、GNI<2160>、JTOWER<4485>がさえない。
一方で、前日に発表した20年9月期第1四半期決算で黒字転換を果たしたイグニス<3689>がストップ高になり、20年12月期の大幅増収増益見通しが好感されたスペースマーケット<4487>が14%高になったほか、メルカリ<4385>、AIinside<4488>、モブキャスト<
3664>などは上昇した。
<SK>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,696.0
(02/21)
-33.0
(-1.91%)
1,385.0
(02/21)
+80.0
(+6.13%)
455.0
(02/21)
-10.0
(-2.15%)
3923
1,595.0
(02/21)
+9.0
(+0.57%)
2,448.0
(02/21)
+53.0
(+2.21%)
4,145.0
(02/21)
+160.0
(+4.02%)
1,080.0
(02/21)
-41.0
(-3.66%)
20,170.0
(02/21)
-110.0
(-0.54%)
2,030.0
(02/21)
-28.0
(-1.36%)
5704
901.0
(02/21)
+7.0
(+0.78%)
1,376.0
(02/21)
-14.0
(-1.01%)
2,536.0
(02/21)
-44.0
(-1.71%)
2,042.0
(02/21)
-27.0
(-1.30%)
1,317.0
(02/21)
+92.0
(+7.51%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.5 41.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介