米外為市場サマリー:トランプ米大統領の発言を受け109円00銭台に軟化

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/11/11 08:26
米外為市場サマリー:トランプ米大統領の発言を受け109円00銭台に軟化  8日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=109円26銭前後と前日に比べ2銭程度のドル安・円高。ユーロは、1ユーロ=120円38銭前後と同30銭強のユーロ安・円高だった。

 序盤には109円50銭を試す動きがみられたものの、トランプ米大統領が対中関税撤廃について「合意していない」と述べたことをきっかけに米中貿易協議の進展期待が後退。この日に発表された11月のミシガン大学消費者態度指数(速報値)が95.7と市場予想の95.9を若干下回ったことも重荷となり、109円00銭台に軟化した。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1018ドル前後と前日に比べて同0.0030ドル強のユーロ安・ドル高だった。


出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

60.7 39.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介