ユーロドルは買い戻し継続も1.10ドル突破の説得力はまだない模様=NY為替

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/10/10 00:56
 きょうの市場はリスク回避の雰囲気が後退する中、ユーロドルは買い戻しが優勢となっており、1.09ドル台後半まで回復している。一時1.0990ドル近辺まで上昇したものの、1.10ドルの水準には相変わらず苦労している模様。ドイツ経済の低迷にもかかわらず、ドイツ政府は景気刺激策に消極的な姿勢を示している。

 ユーロ圏全体の減速傾向も鮮明になる中、ECBの緩和スタンスは予想以上に長引きそうな気配も見られる。そのような中、今月のFOMCでの利下げ期待が高まる中、ドル売りが優勢になっているものの1.10ドルを突破するだけの説得力はないようだ。

 ただ、今月末のFOMCに向かって短期的にがドル売りが優勢となり、ユーロドルは1.10ドルを突破してくるとの見方も聞かれる。パウエルFRB議長は前日、財務省証券(Tビル)の購入の可能性を示唆した。短期金融市場を安定化させることが目的で量的緩和(QE)ではないとしているものの、短期的にはドル売りを誘発するとも見方もあるようだ。

EUR/USD 1.0979 EUR/JPY 117.95 EUR/GBP 0.8984

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

81.8 18.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介