(中国)上海総合指数は0.97%高でスタート、米中通商摩擦への懸念が緩和

投稿:2019/08/14 10:57
14日の上海総合指数は買い先行。前日比0.97%高の2824.49ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時47分現在、1.00%高の2825.21ptで推移している。米中通商摩擦への懸念がやや緩和されていることが支援材料。米通商代表部(USTR)が、9月1日に実施予定である中国からの輸入品3000億ドル相当への追加関税措置で、一部製品に対する関税賦課の延期を発表した。


<AN>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

89.4 10.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介