16日の香港市場概況:ハンセン0.02%高で続伸、決算発表テンセントは2.2%安

投稿:2019/05/16 18:11
16日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比6.36ポイント(0.02%)高の28275.07ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が7.48ポイント(0.07%)高の10811.62ポイントとそろって小幅続伸した。売買代金は949億8900万香港ドルとなっている(15日は961億1900万香港ドル)。

中国の景気テコ入れ策強化の期待が高まる流れ。4月の経済指標が予想以上に前月から減速した実態が15日に公表されるなか、景気の早期回復は難しいとの見方が広がっている。本土株高も相場の支えとなった。もっとも、上値は重い。ハイテク分野での米中対立が警戒されている。米商務省は15日、中国通信機器メーカー大手の華為科技(ファーウェイ)とその関連会社を産業安全保障局(BIS)のエンティティリスト(米国からの輸出を規制する対象リスト)に追加すると発表した。

ハンセン指数の構成銘柄では、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が5.9%高、乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)が5.6%高、香港系不動産の恒隆地産(101/HK)が3.7%高と上げが目立った。医薬品株に関しては、バイオ製薬会社の億勝生物科技(1061/HK)がMSCI中国小型株指数に採用決定されたことをきっかけに、同セクターへの注目度が増したとみられている。億勝生物株は4.2%上昇した。

業種別では、食品・飲料や小売など消費関連が高い。上記した中国蒙牛乳業のほか、統一企業中国HD(220/HK)が2.1%、中国旺旺HD(151/HK)が1.8%、国美零售HD(493/HK)が2.6%、北京京客隆商業集団(814/HK)が2.0%ずつ上昇した。

希土類・非鉄やセメントなど素材セクターも物色される。希土類製品・耐火材大手の中国稀土HD(チャイナ・レア・アース:769/HK)が25.8%高、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が4.4%高、中国建材(3323/HK)が2.0%高、安徽海螺セメント(安徽コンチセメント:914/HK)が1.5%高で引けた。中国稀土については、相場の先高観が支援材料。中国がミャンマーからのレアアース輸入を突然停止したことにより、目先の需給がひっ迫すると見込まれている。

半面、スマートフォンや第5世代(5G)ネットワーク関連、半導体などハイテク関連セクターはさえない。舜宇光学科技(2382/HK)が5.1%安、瑞声科技HD(2018/HK)が2.9%安、中興通訊(ZTE:763/HK)が6.1%安、華虹半導体(1347/HK)が3.1%安と値を下げた。

他の個別株動向では、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.2%安と反落している。同社は昨日引け後に1~3月期決算を発表。純利益は前年同期比で17%増加し、市場予想を上回った。ただ、増収率は上場来の最低に落ち込んだという。成長鈍化が懸念された。

一方、本土市場は続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.58%高の2955.71ポイントで取引を終えた。素材株が高い。不動産株、消費関連株、自動車株、発電株、インフラ関連株なども買われた。半面、ハイテク関連は値下がりしている。

【亜州IR】

<FA>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.0 23.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介