CANBASのCBP501の用途に関する特許査定を欧州特許庁から受領

投稿:2019/05/10 16:43
 キャンバス<4575.T>がこの日の取引終了後、開発中の抗がん剤候補化合物CBP501の用途に関する特許について、欧州特許庁から特許査定を受領したと発表した。

 同特許は、開発中の抗がん剤候補化合物CBP501を含む類縁ペプチド/ペプチド模倣物群に関する用途特許で、既に米国および日本で成立している。CBP501を含む化合物群に関する物質特許は既に米国、欧州主要国及び日本などで成立しているが、今回の用途特許によって、CBP501を含む化合物群が特許で保護される実質的な期間が欧州においても大きく延長されることが期待されている。更に、CBP501の開発が成功し上市に至った場合の理論上の期待収益予想値も大幅に増大することになるとしている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
806.0
(05/17)
-10.0
(-1.23%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.3 25.7
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介