テバが下落 主力薬の販売が予想下回る=米国株個別

投稿:2019/05/02 23:24
 イスラエルの医薬品のテバファーマが下落。1-3月期決算を発表しており1株利益は予想を上回ったものの、売上高は予想を下回った。主力薬である多発性硬化症治療剤「Copaxone」や「Treanda & Bendeka」の売上高が予想を下回っている。「Copaxone」については、同薬のジェネリックとの競争が圧迫している模様。なお、通期見通しは据え置いている。

(1-3月・第1四半期)
・1株利益(調整後):0.60ドル(予想:0.59ドル)
・売上高:43億ドル(予想:43.8億ドル)
  Copaxone:3.35億ドル(予想:4.07億ドル)
  Treanda & Bendeka:1.22億ドル(予想:1.58億ドル)
  Austedo:0.74億ドル(予想:0.74億ドル)
  Qvar:0.64億ドル(予想:0.38億ドル)
  ProAir HFA:0.59億ドル

(NY時間10:18)
テバ 15.05(-0.18 -1.18%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.9 25.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介